カプコン:『モンスターハンター:ワールド』の売上500万本のうち日本は4割、ダウンロード版は3割。


発売から3日間で国内1,350,412本を販売、全世界では500万本以上(ダウンロード版販売実績を含む)を出荷した『モンスターハンター:ワールド』ですが、500万本のうち、日本での売上割合は4割でした。
ダウンロード版だけの割合ならば3割です。

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterアカウントより。

5割とはいかないまでも、4割が日本からの売上ということでやはり国内で強いタイトルになっているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする