所さんのニッポンの出番に1980年代のレトロゲームコレクターが登場

2016年8月16日に放送された「所さんのニッポンの出番」に1980年代のレトロゲームコレクターが登場していました。
レトロゲームはレトロゲームでも、ファミコンやNESではなく「レトロPCゲームのコレクター」です。

1980年代のレトロPCゲームを収集。
収集したソフトは1つ1つケースに入れて保存し、保存した場所を忘れないようにQRコードを入れる徹底ぶり。
ソフトのパッケージも1つ1つバインダーに保存。
こちらもQRコードですぐに探せるようになっていました。

ゲームソフトを保存する専用も部屋も用意されていて、湿気などでソフトが汚れないように加湿器や扇風機などを24時間稼動させるなど、相当なマニアでした。
月の電気代が5万円を超えたこともあったそうです。

元々はゲームが好きで遊ぶためにプレイしていて、「10年後レトロゲームを遊ぶために残さないといけない。」という理由で収集が始まったらしいです。

実はこの方、ゲーム保存協会のルドン・ジョセフさんです。
hozonkyoukai
Game Preservation Society All rights reserverd.

公式サイトではブログや、ゲーム保存協会のサポーター登録などが行えます。
また、
●利用条件
ゲームに関連する事象を研究する正規の研究者あるいは学生、ゲームに関連するホームページの作者、ゲームに関する記事を執筆するジャーナリストや同人誌のライター。
NPO法人ゲーム保存協会会員(サポーター・正会員)で、協会内のプロジェクト遂行上、資料を必要とする者。

を対象に、ゲーム資料室の解放も行っています。
一般人は基本的に参加できませんが、上記に該当する方で興味がある方はサイトの規約と参加方法を参考の上、利用してみてはいかがでしょうか?
関連:ゲーム保存協会本部資料室開放のお知らせ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク