世界一長い5分間の体験版を遊んでみました

sekaiichinagai

PSVitaで発売する世界一長い5分間の体験版を遊んでみました。
世界一長い5分間は日本一ソフトウェアが2016年7月28日に発売するアドベンチャーRPGです。

ドット絵のRPGで、いい意味で古臭さを感じます。
スーパーファミコン世代にはたまらないグラフィックだと思います。

システムが日本一らしく独特な感じ。
勇者が魔王を倒す!というシンプルなストーリーなのですが、何といきなり魔王と勇者一行が闘うシーンからスタートします。

「もしかして負けイベントから始まるの?」とお思いの方もいるかもしれませんが・・・違います。
今から魔王と戦う!という中で、勇者が思い出を亡くしてしまいます。
戦っている理由や、今共に戦っている仲間のことまで忘れてしまう始末。
魔王と戦う5分間の中で、勇者が過去の記憶を思い出させるか!?というようなストーリーです。

過去の出来事を5分間で思い出すのがこのゲームのテーマ。
5分間といっても現実の5分間ではありません。
1秒単位で勇者が少しずつ記憶を呼び戻していきます。

話だけで終わるイベントもあれば、自分で勇者を操作して記憶を思い出すシーンもあります。
そこがRPGの部分です。
RPG部分はまさに昔ながらの王道RPGで、敵と戦ったり、クエストをクリアしていきながら物語を進めていく感じです。
そして思い出部分をクリアすると再び魔王とのアドベンチャーシーンになります。
そして再び記憶を思い出しにいく。
たまにRPGパートへ。
これの繰り返しです。

他社メーカーですが、コンセプトは「勇者30」などちょっと変わったRPGに近いのかも。
魔王と戦うまでの過程を思い出していく。という普通のRPGとはかなり変わった感じのゲームです。
攻略サイトをオープンしましたので、興味がある方は参考にしてみてください。

【攻略サイト】
世界一長い5分間 攻略ランド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク