あそぶ!ゲーム展 ステージ2:ゲームセンターVSファミコンの開催決定!


「あそぶ!ゲーム展 ステージ2:ゲームセンターVSファミコンの開催」が決定しました!
前回は「あそぶ!ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」という名称ですが、今回はアーケードゲームとファミコンをとりあげたイベントになります。

イベント概要

■開催期間
2016年9月10日(土)~2017年3月12日(日)
■開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
■休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
※11月14日(月)は特別開館 ※12月29日(木)~1月3日(火)は年末年始休館
■会場
〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-63
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
アクセス情報は公式サイトで確認できます
■入場料金
大人510円・小人250円(常設展もお楽しみいただけます)

展示されるゲーム

■アーケード
『ゼビウス』(1983年/ナムコ)、『マッピー』(1983年/ナムコ)、『マリオブラザーズ』(1983年/任天堂)、『メジャーハボック』(1983年/アタリ)、『リブルラブル』(1983年/ナムコ)、『ザ・ビック・プロレスリング』(1983年/テクノスジャパン/データイースト)、『ドルアーガの塔』(1984年/ナムコ)、『VS.レッキングクルー(VS.システム)』(1984年/任天堂)、『エキサイトバイク(VS.システム)』(1984年/任天堂)、『アイスクライマー(VS.システム)』(1985年/任天堂)、『ツインビー』(1985年/KONAMI) 、『マーブルマッドネス』(1985 年/アタリ/ナムコ) 、『グラディウス』(1985 年/KONAMI)、『スペースハリアー』(1985年/セガ)、『ガントレット』(1986年/アタリゲームズ/ナムコ)、『熱血硬派くにおくん』(1986年/テクノスジャパン)、『沙羅曼蛇』(1986年/KONAMI)、『源平討魔伝』(1986年/ナムコ)、『アウトラン』(1986年/セガ)、『カルノフ』(1987年/データイースト)、『スーパーハングオン』(1987年/セガ)、『R-TYPE』(1987年/アイレム)、『アフターバーナーⅡ』(1987年/セガ)、『テトリス®』(1988年/テンゲン/セガ)、『ナイトストライカー』(1989年/タイトー)、『ダライアスⅡ』(1989年/タイトー)など。

■家庭用
『ドンキーコング』(1983年/任天堂)、『スーパーマリオブラザーズ』(1985年/任天堂)、『ボンバーマン』(1985年/ハドソン)、『ゼルダの伝説』(1986年/任天堂)、『ドラゴンクエスト』(1986年/エニックス)、『スターソルジャー』(1986年/ハドソン)、『信長の野望・全国版』(1986年/コーエー)、『イース(Ys)』(1987年/日本ファルコム)、『グラディウス2』(1987年/KONAMI)、『ファイナルファンタジー』(1987年/スクウェア)、『R-TYPE I』(1988年/ハドソン)、『MOTHER』(1989年/任天堂)、『ザ・スーパー忍』(1989年/セガ)、『魔界塔士 サ・ガ』(1989年/スクウェア)、『NAM-1975』(1990年/SNK)、『マジシャンロード』(1990年/アルファ電子)、『スーパーマリオワールド』(1990年/任天堂)、『F-ZERO』(1990年/任天堂)、『アクトレイザー』(1990年/エニックス)など。
※ナムコは、現在のバンダイナムコエンターテインメントです。
※エニックス及びスクウェアは、現在のスクウェア・エニックスです。
※ハドソンは、現在のコナミデジタルエンタテインメントです。
※展示ゲームは変更になる場合もある。
※一部のゲームはプレイ出来る曜日や人数に制限がある。
※一部のゲームは移植版等での展示です。

まとめ

今回は1983年から1990年までのゲームに焦点を当てたイベントになります。
前述してある展示ゲームは全てプレイ可能です。
ゼビウスなどのアーケード筐体や、セガの体感ゲームも展示予定。
これらのゲームも実際に遊ぶことが可能です。

全ての展示ゲームを遊べるという点では、以前開催された「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?」に近いと思います。
入場料金が大人510円・小人250円と安いので、〒333-0844 埼玉県川口市に近い方はぜひ遊びに行ってみてください。

こちらは前回のイベントの様子です。
このように懐かしのゲームを実際に遊べます。

■Amazonで龍が如く6 命の詩の予約開始!

龍が如く6 命の詩。 【Amazon.co.jp限定特典】アイテム未定
龍が如く6 命の詩。 【Amazon.co.jp限定特典】アイテム未定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク