FIFA 17 Jリーグ選手の顔は似ているか

人気サッカーゲーム「FIFA」シリーズ。
ウイニングイレブンとFIFAが二大サッカーゲームとして、毎年激しい競争を繰り広げています。
日本ではウイニングイレブンが強く、海外では地域にもよりますがFIFAのほうが強い。

そんな最新作となるFIFA 17では、J1リーグ全18チームが始めて収録されることが決定しています。

■発売日:2016年9月29日
■機種:PS4/PS3/XboxOne/Xbox360


Jリーグ

これまでJリーグはウイニングイレブンシリーズにのみ収録されていました。
しかし、FIFA17でJ1リーグが収録されることになったので、これで日本のJリーグファンもFIFAを親しみやすくなりました。
さらに、ガンバ大阪ホームスタジアムの市立吹田サッカースタジアムも新規登録されます。

FIFA17とJリーグがパートナーシップを結んだことにより、日本ではウイニングイレブンが優勢だったのが、今回からは分からなくなりました。
ウイニングイレブンファンでも、今回はFIFA17に興味を持つ人は多いでしょう。
ウイイレのコナミからすると、売り上げが減りかねないピンチといえます。

顔は似ているか?

しかし問題が一つだけあります。
それが顔グラフィックです。
日本人の顔グラフィックに関しては、ウイニングイレブンが今の所はナンバーワンです。

FIFAシリーズは海外制作なので、どうしても日本人選手の顔が似てないことがこれまで多かったです。
以下、槙野智章選手のメイキングシーンがあります。
これだけ見るとかなり作りこまれていることが分かります。

FIFA 17 槙野選手メイキングシーン

ファミ通.comではインタビューと、ガンバ大阪のスクリーンショットが掲載してあります。
このスクリーンショットは、gamescom 2016で撮影したものです。
『FIFA 17』Jリーグ選手の再現度をチェック 「日本のファンの要望に応えるために収録を決定した」

こちらはGameSparkのインタビューです。

――各選手のスキルレーティングについては毎作どのように調整しているのですか?
Reeder氏: これに関しては全て人力でやっています。参加をする全ての国に選手のスキルをレーティングするチームを置き、彼らの査定を元に選手の各能力をレーティングして収録するという方法です。これは従来の『FIFA』シリーズを通して採用されている方法です。例えば今作から収録されるJリーグについてですが、我々は選手のレーティング担当チームを日本国内に置いてます。彼らはJリーグの全試合を見て、試合に参加した選手を査定し、それを我々にフィードバックしてくれるという具合ですね。それと同じことをブラジルやイングランドと言った収録国全てで行っています。
【GC 2016】『FIFA 17』で選手の顔や能力はどのように再現しているのか―プロデューサー直撃インタビュー

まとめ

日本人選手の顔をどれだけ似せられるかが国内の売り上げに左右しそうです。
今回がJリーグ収録の1作目ということなので、全選手似せるのは難しそうです。
FIFAはウイニングイレブンに負けずに面白いので、顔を気にしない方であれば、今回のJリーグ収録を機に遊んでみてはいかがでしょうか。

もちろんJ1リーグ同士でしか対戦できない!なんてイジワルなことはありません。
J1リーグクラブと世界中のクラブとの対戦や、選手移籍など自由に実現できます。

実況&解説は?

FIFA17の実況はお馴染みの西岡明彦氏です。
解説は前作の堀池巧氏から変更され、新たに福西崇史氏が解説を担当しています。

Amazon

FIFA 17 【初回特典】Jリーグオンデマンド 2週間無料クーポン、5 FUTドラフト トークン (1×5週間) 、8試合レンタル選手、限定FUTキット
FIFA 17 【初回特典】Jリーグオンデマンド 2週間無料クーポン、5 FUTドラフト トークン (1x5週間) 、8試合レンタル選手、限定FUTキット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク