El Diaからリメイクされる「慟哭 そして…」とは?

セガサターンで発売した「慟哭 そして…」がリメイクされます。
発売はEl Diaで、「EVE burst error R (発売中)」や「DESIRE (発売予定)」のリメイクを手がけています。
発売される機種は現時点で不明です。

doukoku-sosite

慟哭 そして…とは?

1998年にデータイーストから発売されたセガサターン用ゲームです。
ジャンルでいうと、脱出系のアドベンチャーゲームです。
doukoku-sosite2

とある廃屋に閉じ込められた男の子が主人公。
一緒に閉じ込められたヒロイン達と協力しながら、廃屋からの脱出を目指します。
トラップアドベンチャーと言われていて、何か選択を間違えるだけで命が左右されていきます。
自分だけではなく、ヒロインの運命にも関わっていくので、緊張感のある展開を楽しめます。

当時は高難易度とも言われていて、フラグ管理が複雑で、どうすれば新たなイベントが起きるのか、どうすれば女の子を助けられるか。などが分かりにくいことが多かったです。
これらをそのまま発売すると今のユーザーは楽しめないので、現代風に遊びやすくアレンジして欲しいと思います。

続編として『Revive ~蘇生~』がドリームキャストで発売されていて、さらに難易度は上がっています。
攻略情報なしでは完全クリアするのはかなりきついと言われるほどの難易度です。

慟哭…そしてはセガサターンで18歳以上推奨のゲームとして発売されており、グロテスク表現はもちろん、多少のアダルト要素も含まれています。
この為、18歳以上推奨になったと思われます。
(アダルトゲームではありません。)

オリジナル版・リメイク版のキャラクターデザインを勤めるのは横田守氏です。
Twitterでも本作の告知をしています。

こういった現在プレイするのが困難なゲームをリメイクしてくれるのはありがたいですね。
やや難易度は高いものの、緊張感のあるストーリーがとても良いです。
緊張感を煽る機械的な音楽もいいですし、今プレイしても楽しめると思います。
いつ頃発売になるのかは分かりませんが、ぜひ遊んでもらいたいゲームです。

慟哭 そして…公式サイト

こちらはオープニング映像です。
こちらはネタばれ含みません。
他の映像はネタばれ含みますので、見ないことをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク